Boot CampでWindows 7 (64bit)をインストール

Windowsを使う必要がたまにある。古いWindows Xpマシンで対処していたが、調子が悪くなったので廃棄することにした。それで、今さらながらMacBook AirWindows 7を入れることにした。Windows 7ならば64bit版がいいだろうと思い、64bit版のDSP版を購入したが結構手間取った。

以下の物と手順でうまくいったので記す。

結果的に必要だった物

手順

  1. Windowsのisoファイルの作成
    MacBookにDVDドライブを接続。WindowsのDVDを入れる。ディスクユーティリティでisoファイルを作成。isoファイルはMac内蔵ドライブに保存。DVDドライブは外す。
    Mac OS X 10.6のiMacで作成した isoファイルではインストール途中で止まってしまった。だから外付けDVDドライブは必要だった。)
  2. BootCamp起動
     下記すべてにチェック。
    Windows 7 インストールディスクを作成
    ・最新のWindowsサポートソフトウェアをAppleからダウンロード
    Windows 7をインストール 
  3. USBメモリ(8GB)を挿入し、isoファイルからインストールディスクを作成する。
  4. USBメモリ(1GB)を挿入し、Windowsサポートソフトをダウンロード
  5. パーティションを作成。自分の場合、35GBをWindowsに割り当てた。
  6. USBメモリ(8GB)を挿入した状態で「インストールを開始」ボタンを押して、Windowsをインストール。
  7. Windows起動後に、USBメモリ(1GB)のsetup.exeを起動してサポートソフトをインストール。